思い出を大切に・・・便利で楽しい写真の残し方3選


スマートフォン内で保存

一番簡単な方法は、スマートフォンで写真を撮って、そのままスマートフォン内に写真を保存する方法です。しかし、スマートフォン内に写真を残しておくと容量がすぐにいっぱいになってしまうというお悩みを持っている人が多いです。そんな場合には、写真保存アプリをダウンロードし、アプリ内で写真を保存するとスマートフォン自体の使用容量が抑えられます。無料の写真保存アプリもたくさんあり、サービスの内容がそれぞれのアプリで異なりますので、比較してからアプリをダウンロードすることをおすすめします。

フォトブックにしておく

デジカメで撮った写真でもスマートフォンで撮った写真でも、フォトブックを作って形として残しておく方法があります。フォトブックは写真のプリントサービスを行っている会社やフォトブック専門の会社で作成できます。フォトブックは自分で写真をレイアウトしたり、ページの色や背景なども自分で選ぶことができるので、楽しい作業です。ページの中には文字を入れることもできるので、日付や写真のタイトル、写真を撮った時の状況の説明なども付け加えると、後でフォトブックを見返したときに思い出が鮮明に蘇ります。また、旅行の時の写真や結婚式の写真は友達や家族へのギフトとしても喜ばれます。

写真をアイテムにして残す

自分で使っても楽しく、またギフトとして贈っても喜ばれるのが、思い出の写真をカレンダーやポスターなどにして残しておくことです。写真をプリントできるアイテムは、クッションやマグカップ、キーホルダーなどがあり、写真のプリントサービスを行っている会社に依頼することができます。

オリジナルのフォトブックをつくるのには、リングタイプを使えばよいでしょう。リングタイプだと、写真をページごとにめくりやすいからです。