知ってて損はない!電子タバコについてのあれこれ


ブームになってる電子タバコってどんなもの?

電子タバコは、電熱線を使ってリキッドを気化させることによって、その水蒸気を吸い込む吸引器のことをいい、近年ではオシャレな電子タバコがあり、若い年齢層の間でブームとなっています。電子タバコは、一般的な紙タバコとは違って、有害物質が含まれている嫌な臭いの煙が出ないので、室内が黄ばんだり、衣類や髪の毛などにも臭いがついたりしないのがメリットなんですよね。電子タバコは、香料を楽しむという目的があるので、さまざまなフレーバーを楽しむことができ、火を使わないことや吸殻がでないことが特徴です。

さまざまな種類がある電子タバコ

2016年にICOSやploomtechが日本において電子タバコとして扱われていて、このほかにglo iFUSEもあります。ICOSは、電熱線でタバコカートリッジを燻す加熱式タバコで、タバコの一種です。ploomtechはたばこベイバーと呼ばれている、蒸気型の電子タバコで、glo iFUSEはBritish American Tobacco Japanが販売しているもので、ネオスティックと呼ばれるタバコを取り付けるタイプで、ICOSと同様タバコとなります。

基本的に電子タバコは、バッテリーとアトマイザの2つでできていて、アトマイザの仕様によってはカートリッジやドリップチップを取り付けて使用し、バッテリーからの電力で発熱させて、専用のリキッドを蒸発させて蒸気を作っているというわけです。バッテリーを使用することから、電子タバコは電化製品だということはご存知でしょうか?バッテリーには、リチウム円筒形リチウムイオン電池もしくはリチウム電池が内臓されていて、USB充電タイプが便利で人気です。

これまでの従来のたばこは、タバコから煙が出ましたが、電子タバコは煙が出ないので、周りの人に煙たがられることがありません。